新型ジムニーを3.5インチリフトアップ! まだまだ方向性を試行錯誤中の一台!【ジムニー天国 2019】

2019/04/04 11:30

極限までの大径タイヤを追求したスタディモデル

タイヤ販売がメインだけあって、いかにスタイリッシュなロードホイール装着がジムニーでできるかを追求してきたピークス。併せて、自社オリジナルのジムニーチューニング用パーツを積極的に開発し、サスペンションやマフラーなどを販売している。そんな同社がJB23/43チューニングから64/74にもステージを広げ、第1弾として今回の車両を作り上げた。とはいえ、この64はまだまだ試行錯誤の途中。今回は弊誌の撮影に間に合わせるための、あえて過程のスタディモデルの発表となった。

MRSのマッシュルームエアクリーナーとサクションパイプ。吸気効率を大幅に向上させる。

同じMRSのインテークチャンバー。吸気の量をアップし、整流、速度をトータルで改善して出力をアップ。

吸気系は、ゴム製のノーマルホースを交換することで安定した吸気を実現し、これが出力アップにつながる。

64は23に比べると前後サスペンションのバランスが難しいということで、64専用品はこの車両にテスト装着している23用とは違う見た目になるという。もちろん、バネレートや減衰力の方も、64にマッチさせたスペックにする予定だ。現状では3.5インチアップさせて、7.50R16のマッドテレーンKM3をインストール。ただし、そのまま装着するとフロントバンパーの内側に干渉するため、カットの対処が必要だ。

3.5インチの大幅リフトアップということで、ラテラルロッドの取り付け部にはさらにブラケットを装着。

トレーリングアームは23用のサスキットに同梱されている中空タイプ。強度と軽量を両立させている。

足まわり位置決め補正用の前後ラテラルロッドやリヤラテラルロッド用のアップブラケットは64専用パーツだが、こちらも試作品ということで、発売は若干先となる。

吸排気系も試作品だが、エムテック中京(MRS)のマフラー、インテーク、チャンバー、サクションパイプ、そしてエアクリーナーという定番のチューニングパーツを装着。64の低速トルク改善が期待できる商品群を鋭意開発中だという。

小ぶりのマフラーエンドだが、存在感抜群のMRSマフラー。ノーマルバンパーとの相性もバッチリだ。

ホイールはA・LAP-Jの限定カラーをチョイス。ブロックパターンのマッテレとの相性も抜群のピースだ。

まだまだモディファイの方向性は模索中だが、迫力重視のスタイルアップにぜひとも期待したい。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧