ジャガーFペイスの秀逸さにメルセデスAMGも舌を巻いたウェット旋回とは!? 【清水和夫のDST】#75-3/4

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safty Test)

Number 75(SEASON.7):SUVの考え方に一石を投じる結果となった今回「SUVは見かけによらない」を証明

ジャガーFペイスS vs メルセデスAMG GLE43 4マチック・クーペ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」

ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

 

メルセデスAMG GLE 43クーペ vs ジャガー F-PACE S(ウェット旋回ブレーキ編)

タイヤコンデション

MERCEDES-AMG GLE43 4MATIC COUPE
22インチのタイヤを履くGLEクーペは個性の塊だが、このサイズのスタッドレスタイヤがないのはユーザーにはマイナス。しかし、ウェット性能は申し分なく、乗り心地も良いので高級車としては満足できる。

 

JAGUAR F-PACE S
22インチが登場すると20インチが普通に見えてしまうが、Fペイスが選んだコンチネンタルはオールラウンドに優れており、乗り心地も良くロードノイズの静粛性も高い。同時にウェット性能も満足できた。

リポート:清水和夫 フォト:篠原晃一 ル・ボラン 2016年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧