【海外試乗】「フォルクスワーゲン Tクロス」カジュアルポップなコンパクトSUV

2019/04/01 10:00

ひしめくライバルに差をつけた会心作

奇をてらうことなく、だからといって保守的に留まることもない。カジュアルでポップな見た目で、本当に“使える”機能を備え、走りの仕上がりも上々。そんな好印象を予感させるフォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「Tクロス」をスペインのマヨルカ島で初試乗。後発の利点を生かし、ライバルにはない魅力を備えた満足度の高い一台だ。

走ってすぐに「ベースのポロを上回る仕上がり!」と率直に感じた。フォルクスワーゲンがラインアップするSUVの中で最も小さいTクロスは、ポロをしのぐ静粛性の高さと優れた乗り心地が実現されている、というのが僕のファーストインプレッションだ。
今回、スペインのマヨルカ島で試乗したTクロスには、ポロと同じMQBの「A0」というアーキテクチャが用いられている。フォルクスワーゲンいわく、このセグメントは今後10年で2倍になると予測。国産車はホンダ・ヴェゼル、マツダCX-3、日産ジュークなどの人気車種が揃う激戦区。輸入車もジープ・レネゲードやプジョー2008、ルノー・キャプチャーなど多くの強豪がひしめく。
そんな中でTクロスは、クラスの中でもとりわけコンパクトな全長4108×全幅1760×全高1584mmというスリーサイズで、ホイールベースはポロと同じ2551mm。ちなみに全長はポロより54mm長く、ゴルフベースのTロックより120mm短い。

しかしながら、その姿は堂々たるもの。というのも、フォルクスワーゲンのSUVファミリーに共通するデザイン手法が継承され、力強いボンネットや幅広いグリル、サイドに走る2本の水平ラインなどの風格が与えられているからだ。リアは、ブラックトリムフレームを備えた横一文字のリフレクターバンドがアイコンになっている。
一方のインテリアは、基本的にポロとテイストは似ているが、こちらの方がよりアクティブなデザイン。樹脂パーツはポロよりもチープな印象を抱いたが、ボディと同色のパネルを用いるなどして上手に演出がなされている。

1L 3気筒ガソリンターボは、最高出力95psと115psの2種類のスペックを用意。今後、最高出力150psを発揮する1.5Lの4気筒ガソリンターボ、最高出力95psの1.6L 4気筒ディーゼルターボのラインアップも予定されている。

搭載されるエンジンは、EA211から派生した1Lの3気筒ターボ。ポロと同じ95ps版と高出力な115ps版が用意されるが、今回試乗したのは後者で、7速DSGを組み合わせた仕様だ。
最高出力115ps/最大トルク200Nmを発生するエンジンは、1270kgのボディを0→100km/h加速10.2秒で走らせる。将来は、さらに2種類のエンジンも追加される予定だ。

リポート:河口まなぶ/M.Kawaguchi フォト:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン ル・ボラン2019年5月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧