【嶋田智之の月刊イタフラ】プジョー308の1.5Lディーゼル、よいです!

嶋田智之
AUTHOR
2019/04/01 09:00

プジョーの主力になるか?

従来の1.6Lディーゼル+6速ATに換わって採用された、1.5Lディーゼル+8速ATをようやく308の5ドア・ハッチバックで試すことができました。

いきなり結論からいっちゃいますが、このエンジンとトランスミッションの組み合わせ、なかなか良いです。パワーとトルクは130ps/3750rpmと300Nm/1750rpm。数値の上では排気量が0.1小さくなってパワーが10 ps上がった計算です。ほとんどアクセルペダルを踏んでクルマが動きはじめた途端に最大トルクを発生するようなものだから、受ける印象としてはものすごく力強い。けれど、それにも増して好ましいのはその滑らかさです。しかも8速ATがその美味しい領域を常に保ってくれるので”ああ、気持ちいいな”という感覚が心の中にずっとあるのです。

実際の力強さも結構なもので、いかなる場面でも加速にダルさを感じることはないし、高速巡航などでは1.5Lという排気量が信じがたいくらいに速いです。サウンドはディーゼルのそれですが、走りながら室内で聞いてるぶんにはまったく耳障りではありません。

そう、死角らしい死角がないのです。1.2L直3のガソリンとどっちを選ぶ? と問われたら、僕ならこっちを選びます。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧