ポルシェが2018年度に最高業績。営業利益、売上高、販売台数、従業員数の新記録達成

小野泰治
AUTHOR

成長率ナンバーワンは「パナメーラ」

エクスクルーシブなスポーツカーブランドにとって、昨年は良い年だったようだ。ポルシェAGは、2018会計年度において営業利益、売上高、販売台数、および従業員数の新記録を打ち立てたことを発表した。営業利益は43億ユーロ(前年比約4%増)、売り上げ高は258億ユーロ(10%増)、営業利益率は16.6%をマーク。販売台数は256,255台(4%増)で、従業員数も9%増(前年比)という32,325人に達している。

ブルーメCEO

ポルシェAGのオリバー・ブルーメ取締役会長は以下のようにコメント。

「2018会計年度の魅力的な製品レンジによって、販売台数を再び大幅に増やすことができました。ポルシェは、エモーショナルなガソリンエンジンと高性能プラグインハイブリッドの代名詞となっています。将来的には、純粋なエレクトリックドライブシステムでも知られるようになります」

その言葉通り、ポルシェはEモビリティ分野の製品を体系的に拡張している。ポルシェ初のピュアEVであるタイカンが9月にデビューし、2020年の初めにはその派生モデルのクロスツーリスモが続く。将来的には新世代マカンにもエレクトリックドライブが搭載され、すでにポルシェによる2台目のピュアEVモデルになることも発表済み。ポルシェでは、2025年までに販売台数の半分を電気駆動モデルまたは部分的に電気駆動のプラグインハイブリッドモデルとする予定だ。

パナメーラ

2018年度の業績だが、もっとも販売台数が伸びたのはパナメーラで前年比38%増の38,443台を記録。会計年度の途中にフルモデルチェンジしたにもかかわらず、911も35,573台で10%の成長を記録している。また、カイエンの支持も根強く12%増の71,458台。いまやポルシェの主力の成長しているマカンも86,031台と、引き続きポルシェにおけるトップセラーの座を維持している。地域別では中国が2018年もトップパフォーマーとしての地位を維持し、80,108台(12%増)を販売。2番目に大きな単一市場はアメリカで3%増の57,202台だった。ポルシェAG財務およびIT担当取締役会副会長のルッツ・メシュケ氏によれば
「当社は、2018年に売上高と営業利益の新記録を達成しました。増益は、特に販売台数の増加、製品構成の改善、およびその他の事業分野および部門のプラスの展開によるものです」

メシュケCFO

2019年についても、ポルシェでは販売台数の増加と若干の売上高の増加を見込んでいるという。前出メシュケ氏によれば

「当社の製品は、本年の成功の基盤を築きます。特に2019年には全世界市場での新世代911の発売、718とカイエンの派生モデルの発売、そしてタイカンの発売が続きます。電動化、デジタル変革、そして拠点の拡張とリニューアルのための高額の投資にもかかわらず、意欲的な収益目標の達成を確信しています。効率性を強化するための対策と収益性の高い新しいビジネス分野の開拓によって、営業利益率15%の戦略的目標の達成を継続する予定です」

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!