新型ジムニーの最新トレンドを占うカスタムカーが大集合! 旧規格ジムニーをイメージしたカスタム【ジムニー天国 2019】

2019/03/15 11:20

無骨なスタイルに秘めるしっとりとした足まわり

直線的で角ばったボディをカスタムによってさらに強調することで、よりオフローダーらしい堂々としたスタイルへと変化したペニーレインのJB64。バンパーをはじめとするエクステリアパーツ、そして足まわりに自社専用開発のパーツを搭載し、街乗りでの快適性とともに本格オフロードコースでの走破性を両立。あらゆるステージでたぐいまれな操縦安定性を発揮する1台だ。

「PLUS SPORTSスクエアバンパー」という名前からも分かるように、直線的なデザインで構成したスチールバンパー。

リアバンパーも直線的なデザインとし、オフローダーらしいすっきりとしたリアビューとなっている。

スペアタイヤ移動ブラケット、ナンバー移動キットによって、よりジムニーらしいスタイルに作り替える。

足まわりは、オリジナルの「PLUS SPORTSサスペンション3」を採用し、ショックはランチョRS9000Xとした。前後ラテラルロッド、アームも自社製を採用しており、幅広い状況下での的確な路面追従性、そしてハンドリングの向上を実現している。「サスペンションの前後バランスと正確なハンドリングを追求しています。JB64は、街乗りでの快適性を求めてリアを柔らかくすると、リアがタレてしまいます。そのため、このクルマはリアのバネレートを高めに設定しています」(ペニーレイン代表・山中浩明氏)。

ホイールは定番のブラッドレーVエヴォリューションを採用。タイヤはダンロップMT2とした。

ホイールナットは同店のブランド「プラススポーツ」を使用し、足元にアクセントを与えている。

リフトアップに伴いブレーキホースも延長しており、あらゆる状況下で確実な制動を確保している。

足まわりだけではなく、エクステリアも同店の看板商品だ。無骨なイメージをより突き詰めるべく、前後バンパーは直線的なデザインを取り入れ、素材もスチールとしている。バンパー変更に伴いフロントにはスキッドプレートを追加しており、リアはもちろんナンバー移設キットを採用し、迫力のあるリアビューを作り出している。「バンパーの変更によってタイヤを見せることで、よりオフローダーらしい堂々としたスタイリングに仕上げました。今後はマフラー等の開発も予定しております」。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧