【国内試乗】「ホンダ・ヴェゼル・ツーリング」人気コンパクトSUVに自慢のVTECターボを搭載

2019/03/13 11:00

パワフルかつ上質なトップグレードを追加

ホンダのグローバル戦略モデルのひとつである、コンパクトSUVにVTECターボ搭載モデルが追加。そのクラスを超えた走りや充実の機能装備といった、レベルアップぶりを公道試乗で確かめてみた。

グレーメタリックのRS仕様ロアガーニッシュやデュアルエキゾーストといった専用パーツをはじめ、ルーフレールも標準装備。

日常使いに優れ、居住性もスタイリングも悪くないSUVは、国内のみならず世界的にも伸長を続けるカテゴリーだが、市場の成熟が進むにつれ、走行性能やハンドリング、安全装備といったプラスαが求められてきているようだ。
ホンダの世界戦略モデルであるコンパクトSUVのヴェゼルもその例に漏れないようで、スポーティなRSグレードの追加や5年目のビッグマイナーチェンジで鮮度を保ちつつ、新たにヴェゼル・ツーリングを追加してきた。
搭載パワートレインは、最高出力172psと最大トルク220Nmを発揮する、1.5L直4直噴VTECターボとCVTの組み合わせ。つまり、現行シビック・セダンと同型かつ同スペックだから、その走りのよさはタイヤのひと転がりから感じられる。
まず無段変速機にありがちだった、もっさりした発進で加速に違和感が伴うことがなく、豊かなトルクでリニアに車速をのせていく。キビキビしたハンドリングやクルマの動きに忠実なサスペンション、居住空間の高い静粛性は、これまで海外向け専用だったという強化ボディの賜物に違いない。
シーンを高速道路に移しても、その好印象は強まるばかり。SUVならではの視点の高さは、ロングツーリングの疲労感を和らげてくれるだろうし、もちろん先進安全運転支援システムの「ホンダセンシング」は標準装備となる。

10世代目シビック・セダンと同じL15B型の1.5L直4ターボは、燃焼効率に優れた直噴システムとバルブタイミングを連続可変制御する吸排気デュアルVTCを搭載、220Nmの最大トルクを1700rpmから発揮する。

可変ダンパー式スポーツサスを備えた足もとに5スポーク17インチアルミを装着。試乗車はコンチ・スポーツコンタクトを履く。

振幅感応型ダンパーとパフォーマンスダンパーを装備し、電制ブレーキによるアジャイルハンドリングアシストも搭載。レザーシートはオプション扱いだが、パドル付き本革巻きステアリングなど上質なインテリアを専用設定する。タイヤサイズはRSと同じ18インチだ。

燃費は軽快な走りとトレードオフとなるが、17.6km/L(JC08)ならSUVとしては悪くない。ハイブリッド車よりも燃料タンク容量を10Lアップしているところもきめ細かい配慮だろう。
当然、内外装も含めた装備の充実ぶりに応じて、それなりに車両価格に反映されているが、クラスを超えた「イイモノ」感は確か。目の肥えたベテランユーザーなら食指が動くこと間違いなしだ。

リポート:萩原 充/M.Hagiwara フォト:山本佳吾/K.Yamamoto ル・ボラン2019年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧