【海外試乗】「マツダ3」激戦のCセグメントにマツダ渾身の一撃!

2019/03/11 16:00

ニッポン発のプレミアムコンパクト

昨年末のロサンゼルス・ショーでワールドプレミアとなったマツダ3(日本名アクセラ)が、いよいよ公道を走り始めた。カーデザインの最先端をいく、プレスラインを多用しない独創的なエクステリアや、オーバークオリティともいえるインテリアにまず目を奪われるが、むしろその真骨頂は走りにある!

 

明確なキャラクターラインがなく、パネルの抑揚だけで表現されるボディサイド。光の当たり方で見え方が変わる、つまり時間とともに刻々と変化するデザインともいえる。

走り始めてすぐに、VWゴルフVIIを超える乗り心地と静粛性を実感、トップクラスのポテンシャルを確信した。ついに日本車が激戦区Cセグメントのベンチマークと肩を並べたことに感心させられた。
世界の130カ国で販売され、累計台数は600万台超となる基幹車種マツダ3。新型は自ら「マツダ新世代商品の幕開け」を謳い、主査の別府耕太氏も「あらゆる質感を飛躍的に高めた」と語る。内装は質が高くスイッチ類の感触も統一。ウインカーすら従来と異なりスムーズな操作感だ。内装は余計なパーティングなど視覚的ノイズを払拭し、見て触って操作して感じる上質さを具現化している。
高速で走らせてみても、冒頭の快適な乗り心地と静粛性の高さが失われないことに驚く。それは環状構造ボディで基本骨格を作り、減衰ボンドで走行時の入力をいなす構造とし、骨格の段階で高い快適性を狙った効果だ。遮音性向上のためボディパネルとマット間の二重壁構造を初採用、騒音発生源を抑え、侵入音の変化と方向を制御し、質の高い静粛性を実現しているのだ。

強固なボディ、懐の深いシャシー

サスペンションはリアを従来のマルチリンクからトーションビームへ変更。狙い通り動くよう入念に開発され、タイヤを路面に押し付けるようなドイツ勢とは違い、ヒタッとタイヤを路面に吸い付かせ入力もいなす未曾有の感覚を実現している。実際、コーナーの連続での超自然な動きは驚くほどで、ステアリングを切るとロールすら意識させずに曲がっていく感覚。操作から反応まで一連の動作がきわめて連続的で、ボディの無駄な動きを意識させない。また、操舵時のレスポンスは穏やかだが遅れもなく、素早い操作にリニアに応えてくれる。これぞマツダ3の真骨頂といえるハンドリングだ。
走りを取りまとめた虫谷泰典氏は、「人は歩く時に体の動きを意識せず歩く。それと同感覚の運転環境を作り上げた」という。そして人間研究の末に「骨盤を立てて座る」理想の着座姿勢をシートで実現。異次元の走りはメカニズムだけでなく、人間中心の優れた運転環境作りも寄与しているのだ。だから、その走りには楽しさだけでなく、未知の気持ちよさがある。

リポート:河口まなぶ/M.Kawaguchi フォト:マツダ ル・ボラン2019年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧