明治神宮外苑のイチョウ並木をレッドブルF1が激走!

相澤隆之
AUTHOR
2019/03/11 07:45

都内としては初の公道F1走行イベント

3月9日、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのF1マシン2台が明治神宮外苑のいちょう並木の公道をデモンストレーション走行する「Red Bull Showrun Tokyo」が開催された。

パレードランに使用されたのアストンマーティンDB11ヴォランテ。

日本の公道をF1マシンが走行するのは2011年の横浜・元町に続く2回目だが、都内の公道を走行するのは今回が初めて。しかも2台のマシンがデモランを行うというのも史上初で、まさに今シーズンから初めてタッグを組んだレッドブルとホンダのスタートを飾るにふさわしいイベントとなった。

会場となった明治神宮外苑のいちょう並木の特設コースには約1万人のファンが集結、デモランの前には同チームの2人のドライバーであるピエール・ガスリーとマックス・フェルスタッペンがアストンマーティンDB11ヴォランテのリアシートに乗り、下見という名目のパレードランを行った。

そしていよいよ観衆が待ちに待ったデモラン。まずはピエール・ガスリーが走り出し、コースを1往復。2往復目にはドーナツターンも披露(若干失敗したが)。

続いてマックス・フェルスタッペンがスタート、同じくにコースを2往復し、ドーナツターンを行いピット向かうが、ここでサプライズが! 当初各々2往復のみだけだったはずのデモ走行だが、ガスリーとフェルスタッペンはもう一度コースへ出て行き、集まったファンの前で再度ドーナツターンやバーンアウトを披露。これには集まったファンを大盛り上がりだった。

デモ走行のあとはメディア向けのフォトセッションと集まったファンへのサイン会も開催、都内初となるF1公道走行イベントは大盛況であった。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧