欧州プレミアムが認めたYOKOHAMA【ADVAN Sport V105】の真価とは?(後編)

嶋田智之
AUTHOR
2019/03/09 12:00

モータースポーツ活動の効果も

これまで2回に渡ってお届けしてきた、欧州プレミアムブランドを中心に純正装着タイヤとしての採用が増えている、YOKOHAMA “ADVAN Sport V105(アドバン・スポーツ・ブイイチマルゴ)”のインタビュー後編である。

YOKOHAMA ADVAN Sport V105

前回は、OE(純正装着)用ADVAN Sport V105(以下V105)の開発にあたって、ドイツの自動車メーカーと交わされたエピソードなどを、横浜ゴムのタイヤ海外直需営業推進室 海外直需課の川口周穂(かわぐちしゅうほ)課長と、タイヤ第2設計部の大聖康次郎(だいしょうやすじろう)副部長という、V105に携わってきたおふたりに伺った。

最終回となる今回は、リプレイス用としてアフターマーケットに供給されるV105を軸に、もう少し総体的な話を横浜ゴム・タイヤ企画本部消費財製品企画部の政友 毅(まさともたけし)部長に伺ってみた。

横浜ゴム タイヤ企画本部消費財製品企画部 政友 毅 氏

──OE(純正採用)納入もリプレイス(アフターマーケット用)販売のどちらも受注や購買に繋がった背景には、やはりモータースポーツ活動の影響は大きいでしょう?

【政友】ヨーロッパの自動車メーカーがアジアの端にいる私たち横浜ゴムをパートナーにしていただいている理由のひとつに、欧州で比較的長くモータースポーツ活動を続けてきた効果があるのは確かだと思います。スポーツ性能や操縦安定性、走行性能を認めていただけてるのでしょう。プレミアム系の自動車メーカーからも、“自社のブランドにそぐわないタイヤではない”という印象を持っていただけたようです。

Photo:BMW Motorsport

たとえば私たちは、BTCC(英国ツーリングカー選手権)でBMWシュニッツァー・チームにタイヤを供給していました。それが直接BMWへの純正タイヤ納入に繋がったというよりは、YOKOHAMAのブランドがしっかりと認知され、浸透していったのが効いていると思います。タイヤサプライヤーのビジネス自体は厳しい競争なので、簡単に純正採用とはなりませんけど、BMWが横浜ゴムのスポーティなイメージに好印象を抱いているという話は、以前から伺っていました。

──リプレイス用タイヤのセールスも好調ですか?

【政友】純正装着タイヤを高く評価いただいているので、それがリプレイスの販売実績にも貢献していると思います。とある人気のSUVモデルなどでは、YOKOHAMA銘柄の指定装着リクエストが予想以上に伸びてしまって、リプレイス用タイヤの生産と供給が追いつかなくなってしまったこともありました。

──新車を購入したユーザーからYOKOHAMAタイヤを履きたいという要望が多かったということですね。

【政友】カーディーラーでもV105を高く評価していただけてると思います。古くからのユーザーの間では、“ADVANといえば、スポーツ! ハイグリップ!” というイメージが大きかったのですが、このV105に関してはハイパフォーマンスタイヤなのに「全体的なバランスに優れている」「安定感があるのに乗り心地がゴツゴツしてない」「高速走行での安心感が高い」といったフィードバックもいただいてきました。ADVANはモータースポーツ一辺倒というだけでなく、現代のプレミアム系モデルにマッチしたタイヤを手掛けている自負はあります。

──ハイパフォーマンス系タイヤだけではなく、コンフォート系やエコ系タイヤの販売促進については、どうお考えですか?

【政友】現在の市場的にコンフォート系やエコ系の製品はもちろん重要です。そこはこれまで通りしっかり開発する一方で、まずは欧州プレミアムカー用のハイパフォーマンスタイヤ、ビッグサイズのクロカン用タイヤ、グラスルーツのモータースポーツ用タイヤ、あるいは性能の違いが認識しやすいウインタータイヤ。そういった製品のジャンルで確固たる地位を築いていきたいですね。高い付加価値を提供することで、ユーザーがYOKOHAMAを指名してくれるようなブランドに育てたいです。

フォト&ムービー:菊池貴之 T.Kikuchi

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧