新型ジムニーの街乗りからオフロードまでストレスを感じさせない作り込み【ジムニー天国 2019】

2019/03/08 07:10

あらゆる路面での操縦安定性とクルマの信頼性を追求する

ジムニーカスタムをはじめ、車両販売、各種カスタムカー製作を手掛ける愛知県豊田市のワイルドグース。同店が手掛けたこのJB64は、足まわりを中心にカスタムすることで、街乗りからキャンプなど、週末のアウトドアレジャー、そしてオフロード走行など、幅広いシーンで活躍するクルマを目指して製作されている。インチアップ量は2インチとしており、乗り降りの楽さやルーフラックへのアクセスなども考慮、そのオールラウンダー的なキャラクターは、幅広いユーザーに受け入れられるだろう。

ルーフラックは大人気の「A-X」(ショウワガレージ)だ。キャンプ道具の積載などで重宝する。

サスペンションは2インチアップコイル、プロコンプという組み合わせとなり、幅広い状況に対応する。

ホイールはオリジンラボのMUD-SR7。タイヤ幅は6.50としており、操縦安定性、乗り心地を高めている。

サスペンションは同店オリジナルの2インチアップコイルとプロコンプ(強化カラーつき)の組み合わせとした。ラテラルロッドは純正加工の調整式としており、リアショックは角度補正ブラケットを介して装着している。キャスターブッシュ(ペニーレイン)、バンプラバー(ショウワガレージ)など、定評のあるパーツを積極的に採用。タイヤは6.50としている。

リフトアップにともないクロスメンバーを加工し、剛性を保ちつつ、プロペラシャフトとの干渉を避ける。

オフロードでのトルク不足を解消するために、ZEALのトランスファーダウンギアを採用している。

コイルに加え、純正を加工した調整式ラテラルロッド、ロングブレーキホースも自社製を使用している。

この仕様は、いわば「ベーシック」で、クロカン等に挑戦する本格オフローダーに向けて、さらなるバージョンアップにも対応が可能だ。同店が所在する三河地方は林道が多く、このJB64のように、6.50と2インチアップという組み合わせでオフロード走行を楽しんでいるユーザーも多いとのこと。実践とデータに裏付けられた仕様ともいえる。「オフロードでのトルク不足はダウンギア(ZEAL)によってカバーしており、ブレーキLSDを有効かつ安全に機能させることが可能となっています」(ワイルドグース店長・北風宏治氏)。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧