【国内試乗】「フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン」新開発4気筒ターボと専用装備の新グレードが追加

2019/03/08 18:00

コンパクトボディに最新技術をフル搭載

日本導入から1年未満のうちに約1万台を受注し、いまだバックオーダーを抱える人気のポロに新開発ガソリンエンジン搭載の新グレードが追加。ひとつ上をいく走りと装備をチェックしてみよう。

フルモデルチェンジを経て昨春に国内導入された、フォルクスワーゲンきっての人気コンパクトである「ポロ」。2L直噴ターボのGTIを除いて、ここまで1L 3気筒の直噴エンジンだけでまかなってきたラインアップに、新開発となる1.5L TSIエボを搭載した新グレード「TSI Rライン」が投入されたのだ。
最大のトピックは、「Evo(エボ)」を名乗る新しい直列4気筒の過給ユニットで、350バールの高圧直噴に気筒休止システムを搭載するなど、フォルクスワーゲンが誇る省燃費・低排出ガス化技術をフル搭載だ。最高出力150psと最大トルク250Nmは、上位モデルにあたるパサートらが積む1.4L TSIエンジンと同スペックとはいえ、車重約1.2トンの軽量ボディと7速DCTとのマッチングがもたらす動力性能は、予想を裏切らない活発さを見せる。

日本初導入の1.5L TSI Evoユニットは、シリンダーにプラズマコーティングを施してフリクション低減と冷却効果の向上を実現。コモンレール式直噴と過給器、気筒休止機能ACTに加え、乾式7速DCTを組み合わせて高効率化を徹底。

可変ダンパー式スポーツサスを備えた足もとに5スポーク17インチアルミを装着。試乗車はコンチ・スポーツコンタクトを履く。

専用のリップスポイラーやリアスポイラー、サイドスカート、デュアルエキゾーストでスポーティな装いに。内装はハイラインと同等だが、ステアリングにシフトパドルが備わる。

前後スポイラーやサイドスカートといった、Rライン専用のエアロを纏ったエクステリアに負けじと、スポーティな味つけのサスペンションと電子制御式デフロック「XDS」を標準搭載し、エンジンのレスポンスや変速スピード、ダンパーの特性を任意で選べる走行モード機能を備えたプロフィールは、もはや最上級グレードのGTIに匹敵する充実ぶり。
標準装着する215/45扁平17インチのタイヤが多少のピッチを拾うけれど、定評ある絶妙なパッケージングとスッキリ軽快なハンドリングは、そんな些細なネガ要素を補って余りあるものだ。
ホットハッチのGTIならずとも、このスポーティグレードなら、日常の通勤や買い物のパートナーとしてはもちろん、時にはGTカーのようにロングツーリングに連れ出し、ワインディングで振り回してみるのも悪くないだろう。守備範囲の広いユーティリティプレーヤーとして、ご家族のファーストカーにオススメしたい。

リポート:萩原 充/フォト:宮門秀行/ル・ボラン2019年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧