V12搭載の「メルセデスAMG S65」が最終形態に

AUTHOR

世界130台限定の「ファイナルエディション」登場

3月4日、ダイムラーは「メルセデスAMG S65」をベースとした「ファイナルエディション」を世界130台限定で発売すると発表。実車は3月5日に開幕したジュネーブ・モーターショー2019で公開されている。

この限定モデルに搭載されるエンジンは、630ps/1000Nmを発揮するV型12気筒6Lツインターボの279型ユニット。AMG S65やSL65といったトップパフォーマンスモデルに搭載されてきたものだ。

このたび登場した「AMG S65ファイナルエディション」は、V型12気筒エンジン搭載車の成功を讃えるとともにSクラスへのV12エンジン搭載の終了を意味するモデルになる。

ボディカラーは高光沢のオブシディアンブラックで、前後バンパーやサイドシルの一部、そして20インチ・マルチスポークホイールにマットブロンズカラーを採用。CピラーにはAMGのエンブレムが装着され、独特のルックスが演出されている。

カーボンファイバーのデコレーションパネルを装着するインテリアもブラックが基調。ナッパレザーのシートなどにはカッパーカラーのステッチが入り、エクステリアとコーディネイトされている。センターコンソールには限定モデルを示すシリアルナンバー入りのバッジが貼られる。

装備面では、パノラマサンルーフの「マジックスカイコントロール」やビジネス用コンソールを備えたエグゼクティブシートを標準装備。また、AMGドライバーズパッケージの装備により、最高速は300km/hをマークする。

さらにこのモデルには、「AMG S65 FINAL EDITION」が表示されたオーダーメイドのボディカバーが付属している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧