もう新型にバトンタッチ!? フェラーリ488の後継、「F8トリブート」がフォトデビュー

AUTHOR
2019/03/04 18:00

720psのV8ターボ搭載。0-100km/hを2.9秒でこなす

2月28日、フェラーリは3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショー2019において「フェラーリF8トリブート」を世界初公開すると発表、その画像を公開した。

F8トリブートは、8気筒ミッドシップモデルである488GTBの後継車。V型8気筒モデルへのオマージュが込められた車名が与えられた。488GTBのデビューから4年での新型発表は、フェラーリのモデルサイクルでは異例ともいえる短さだ。

全長4611×全幅1979×全高1206mmのボディに、720ps/770Nmを発揮する3.9LのV型8気筒ターボを搭載。このエンジンスペックは488GTBのそれを50ps/10Nm上回るもの。ボディの軽量化はさらに促進され、乾燥重量は488GTBより40kg軽い1330kgを実現している。

エンジンスペックの強化とボディの改良は、加速性能をさらなる高みに引き上げている。0-100km/h加速タイムは2.9秒、0-200km/h加速は7.8秒、最高速は340km/hをマーク。この性能は488GTBより0-100km/h加速で0.1秒、最高速で10km/h優れたものだ。

先進のビークルダイナミクス・ソリューションにより、操縦性能も格段に向上。走行モード「マネッティーノ」でRACEモードを選択すれば、最新版の「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE+)」を作動させるという初の試みも導入されており、走りの性能はさらに磨きがかかっている。

ボディに採用された先進のエアロダイナミック・ソリューションは、並外れたエンジンパワーを最大限活用することを可能にした。488シリーズのスペシャルモデル「488ピスタ」と同様に、F8トリブートのエアロパッケージもサーキットで培われた経験が注ぎ込まれている。後傾マウントのフロントラジエターをはじめ、ボディ側面後部からリヤスポイラーの両側に設置場所を移したダイナミックエンジン・エアインテークなど、エンジンの熱管理に関するいくつかの機能は、488ピスタから受け継がれているとのこと。なおデザインはフェラーリ・スタイリングセンターが担当した。

また、488ピスタで初採用された「S-ダクト」も備わるが、広範囲にわたる再設計によりデザインを一新。488GTBより増大した総ダウンフォースにおけるS-ダクトの貢献度は15%まで向上している。

新たに採用された新型のレキサン製ウインドウは、透過タイプのため、外からエンジンルームを見ることができる。この手法は、1987年に登場したフェラーリの最も有名なV8モデル「F40」の特徴的なデザイン要素を現代的にアレンジしたもの。リヤウインドーのルーバーは、リヤで発生するダウンフォースの増加に向けて、さらに進化したブロウンスポイラーの効率に悪影響をおよぼすことなくエンジンルーム内の熱気排出を促す。またスポイラーは、テールライトを包むことで、視覚的に車両の重心位置を下げ、ツインライトクラスターとボディカラーのテールパネルというクラッシックなテール構成を蘇らせた。これは伝説となっているこのシリーズ最初のモデル、1975年製「308 GTB」 をはじめとする初期の8気筒ベルリネッタのシンボルのひとつである。

キャビンのデザインは、基本的にはフェラーリのミッド・リヤエンジン・ベルリネッタ伝統のドライバー重視のクラシックなコックピットデザインを踏襲しているものの、ダッシュ、ドアパネルおよびトランスミッショントンネルなど、個々の要素はすべて再設計されている。新世代HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)に加え、円形エアベント、小径の新型ステアリングホイール、スイッチ類、さらには新型7インチのパッセンジャー・タッチスクリーンディスプレイなど、現代的にアップデートされたキャビン環境も特徴だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧