「ボルボ XC90」に初のディーゼル仕様が追加!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/03/04 11:00

4気筒2Lターボの「D5」を搭載

ボルボ・カー・ジャパンは、「XC90」シリーズにドライブE 4気筒2L直噴ディーゼルターボエンジンの「D5」搭載モデルを追加。3月1日より発売を開始した。D5はボルボのクリーンディーゼルラインナップでは最も高出力のパワーユニットであると同時に、XC90の日本市場向けとしては初導入のディーゼル仕様となる。グレードは「モメンタム」と「インスクリプション」の2タイプで、消費税込みの車両本体価格は前者が8,590,000円、後者は9,440,000円。

D5エンジンは、低回転域からの加速時に圧縮エアをターボチャージャーに送り込むことでターボラグを低減。よりスムーズな発進や加速を実現する新開発のパワーパルス・テクノロジーを採用している。その最高出力は235ps/4,000rpm、最大トルクは480Nm/1,750~2,250rpmを発揮する。エミッション性能については、アドブルーで排ガス中のNOxを抑制するSCR触媒コンバーターを採用。長期にわたり優れた燃費性能と環境負荷の低減を実現している。

新導入となる「XC90 D5」は他の新世代ボルボ車と同様、新たに「対向車対応機能」も加わった「歩行者・サイクリスト検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキシステム」、「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」、「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」を搭載。さらに「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付きCTA(クロス・トラフィック・アラート)」、「ランオフロード・ミティゲーション (道路逸脱回避機能)」、「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」など16種類以上の先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」を標準装備している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧