新型ジムニーのオールラウンド性をさらに高めるカスタム!【ジムニー天国 2019】

2019/03/04 07:10

素性の良さを尊重しつつ、一味違うジムニーに

足まわりからエクステリアパーツまで、ジムニー用の多彩なオリジナルパーツを展開する大阪のモーターファーム。同店が手掛けたJB64は、エクステリアこそノーマルの面影を残しているものの、足まわりを中心に徹底的にカスタムすることで、ドライバビリティの向上とさらなる快適さを求めている。「新型のジムニーはノーマルでもかなり高いレベルの仕上がりになっています。当店ではその乗り心地の良さ、使い勝手の良さを保ちつつ、より楽しく走ることができるクルマに仕上げています」(モーターファーム代表・吉田宏氏)。

「ネオクラシック」という言葉がぴったりなジムニーには、モーターファームのJ-TRADがピッタリ。

2インチアップしたことで、上向きになった光軸を補正するためのレベライザーアジャスターを装着する。

さらなる走破性を求めつつ、普段使いでも苦にならない高さとするためにインチアップ量は2インチとしている。足まわりに使用されるパーツはすべてオリジナルのものだが、それらはトライアルをはじめとする競技会で得られたノウハウが投入されており、その性能や信頼度の高さは言うまでもない。2インチアップスプリングやロングショックの装着のみならず、調整式ラテラルロッド(前後)や前後アームの変更等も行い、より幅広いステージでの走行が可能となった。もちろん延長ブレーキホース、レベライザー補正アジャスター等も装備する。ホイールは同店オリジナルのJ-TRADを採用し、ジムニーが持つレトロ感をさらに強調している。

インチアップにともない、ブレーキホースも50mm延長タイプに変更しており、挙動変化も安心だ。

前後のアームはモーターファームオリジナルを装着し、悪路におけるスタビリティは格段に向上した。

エクステリアに関しての変更点は現時点では確認ができないが、同店では今後、バンパーやフェンダーといったエクステリアパーツのリリースも予定しているとのこと。また、近日中にオリジナルマフラーの発売も予定している。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧