新型ジムニーの最新トレンドを占うカスタムカーが大集合! ウィークポイントを徹底的にカバー【ジムニー天国 2019】

2019/02/12 11:30

「アピオ」ならではの膨大なノウハウによって高次元のクルマへ

そのアピアランスこそノーマル然としているものの、足まわりやエキゾースト、本格オフロード走行には欠かせないガード類など、あらゆる箇所に手が入ったJB64。この車両はジムニーパーツでおなじみのアピオの手によるもので、その素性の良さを同社が持つノウハウでさらにアップ。一味違う走りを楽しむことができるクルマとなっている。

ミラーに貼り付ける「ブルーテックルームミラー・ワイド」。広角のクリアな視界が安全性アップに貢献。

シートはRECAROのSR-7F LASSICを採用し、ドライバビリティの向上を狙う。レザーのベルトカバーにも注目。

荷室の両サイドにはフックが設けられている。キャンプなどの際、荷物を固定するのに役立ちそうだ。

サスペンションは20mmアップタイプのコイルスプリングと、KYBと共同開発した14段調整式アブソーバーという構成で、前後に調整式のラテラルロッドを採用。なお、フロントはJB64の専用設計となっている。この構成によって街乗りはもちろん、休日のアウトドアレジャーや林道走行などが楽しめるようになっており、遊びのステージのさらなる広がりが期待できる。「JB64はノーマルのサスペンションの出来がかなりいい印象ですが、弊社では純正の良さを保ちつつ、より遊べる足に仕上げています。もちろん本格的にオフを楽しむ人のために、車高アップタイプのサスペンションも鋭意開発中です」(アピオ営業部・井上健氏)。

荒地の走行で下まわりを破損しないよう、ガソリンタンクやキャニスター、アームピボットをカバー。

岩などがヒットしやすいデフケースも専用のガードでしっかりと防御しており、荒地も安心して走行できる。

新開発の足まわりは、今後、発売が予定されるコンプリートカスタムに採用が予定されている。

ガソリンタンクやキャニスター、デフケース、アームピボットなど、ガレ場やステアケースなどで接地しそうな箇所のすべてに専用のガードが取り付けられており、過酷な場所でも気兼ねなく突き進んでいくことができそうだ。「JB64でジムニーデビューするという人も多いと思いますが、弊社のこの仕様は、これからジムニーでオフロードを楽しみたいという人向けで、この仕様をベースとしてさらなるグレードアップも可能です」。

 

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧