インフィニティのEVコンセプトがデトロイトを魅了?

相澤隆之
AUTHOR

「QXインスピレーション」がベストコンセプトカーに選出

インフィニティは、1月14日に米国デトロイトで開幕した北米国際自動車ショー(デトロイトショー)2019において、次世代EVコンセプトの「インフィニティQXインスピレーション」を公開。このコンセプトモデルが、同ショーにおける「ベストコンセプトビークル」および「ベストインテリア」に選出された。

QXインスピレーションは、インフィニティの考えるEVの未来像。全長4650mm、ホイールベース2850mmのミドルサイズSUVスタイルに、インフィニティブランドとしては初の完全電気パワートレインを採用し、4輪を駆動する。

このコンセプトモデルでは、インフィニティの新時代を告げるデザイン言語が用いられているほか、日本の「おもてなし」文化にインスピレーションを得た、ゆったりしたラウンジのようなキャビン空間が演出されているのが特徴となっている。

なお、このコンセプトは同ショーで、「カラーやグラフィック、素材の革新的な使用」における賞も獲得し、合計3つのアワードで栄冠に輝いた。市販化を大いに期待させるコンセプトモデルである。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧