これが新型「メルセデス・ベンツGクラス」の本命?

AUTHOR

ディーゼル仕様の「G350 d」を設定

ダイムラーはこのほど、新型メルセデス・ベンツGクラスにディーゼル仕様となる「G350 d」を設定したことを発表した。

G350 dに搭載するエンジンは新世代の3リッター直列6気筒ディーゼルターボの「OM656」ユニットで、最高出力は286ps/3400-4600rpm、最大トルクは600Nm/1200-3200rpmを発揮。トランスミッションは9速ATの「9Gトロニック」を組み合わせ、7.4秒の0-100km/h加速、199km/hの最高速をマークする一方で、最高10.4km/L の燃費(欧州複合モード)を実現している。

このディーゼルエンジンは一方で、過酷な運転状況や環境条件においても、現在の排出ガス規制「ユーロ6d」に適合。さらに将来の排出ガス規制に準拠するように設計されているという。排出ガス削減に関連するすべてのコンポーネントはエンジンに直接取り付けられている。これにより触媒コンバーターとディーゼルパティキュレートフィルターの効果が早くなる。ちなみに二酸化炭素排出量は252〜259g/kmと発表された。

騒音や振動への対策も万全だ。騒音を抑制するためにエンジンマウントは積極的に制御され、5km/h未満の車速では、ラダーフレームへのねじり振動の伝達を最適に抑制するためソフトに設定。より高いエンジンスピードでは、ふたつのエンジンマウントが自動的に堅くなり、振動の快適性とドライビングダイナミクスに効果的だ。

この新世代ディーゼルエンジンを搭載したG350 dについて、ダイムラーでは、「史上もっとも効率的なGクラス」と紹介している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

閉じる