「ジープ・グランドチェロキー」に上質な限定モデルが登場

H.Tanaka
AUTHOR
2018/12/27 12:00

高性能、「SRT8」のカラーも選択可能

FCAジャパンは、「グランドチェロキー」に「Sモデル」を設定。2019年1月12日から、全国のジープ正規販売店を通じて120台限定で発売する。消費税込みの車両本体価格は620万円。

Sモデルの「S」は、グランドチェロキー・シリーズの上級モデルである「サミット」と高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来。両モデルの特徴的なデザイン要素を採り入れ、充実した装備を兼ね備えた質感の高さが特長となる。

フロントフェイシアには、サミットの特徴である3分割タイプのロワグリルやアクセント付きフォグライトベゼルを備えたボディ同色フロントバンパーを採用。さらにブランドバッジなど随所に施されたグラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、SRT8と同じブラックルーフレールを装備。洗練されたスタイリングを実現している。

 

ベースモデルは、本国でリミテッドとサミットの中間に位置付けられる日本未導入の「オーバーランド」。20インチアルミホイールやナッパレザーとスエードを組み合わせた上質なシート、レザー仕立てのインスツルメントパネルおよびレザードアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドを用いたインテリアアクセントなど、数々の装備によりプレミアムな雰囲気が演出されている。

さらに前席及び後席の開放感を高めるデュアルペインパノラミックサンルーフが特別装備。すべての乗員がくつろげる室内空間が演出されている点も魅力的だ。

ボディカラーは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」(限定70台)、「ブライトホワイトC/C」(同40台)、また、通常はSRT8専用色となる「ヴェルヴェットレッドP/C」(同10台)の計3色から選択が可能。

なお、このように充実した装備、仕様ながら価格はリミテッドの10万円高に抑えられている点も限定車ならではの魅力といえるだろう。

※商品サイト: https://www.jeep-japan.com/special_models/grandcherokee-smodel.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧