NEOVAコンセプトも!【横浜ゴム】東京オートサロン2019に出展

2018/12/23 12:00

新作タイヤを多数出品

タイヤメーカーの横浜ゴムは、2019年1月11日から13日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2019」にタイヤとホイールのブースを出展する。
タイヤブースでは、趣味としてカーライフを楽しむユーザーに向けた「ホビータイヤ」として、スポーツ、オフロード、ドレスアップ、クラシックの4つのテーマを代表するタイヤを車両に装着して紹介。中でもドレスアップとクラシックは、それぞれ2019年に発売予定の商品を先行出品する。

また、ADVAN最強のストリートスポーツタイヤ「ADVAN NEOVA」の将来コンセプトモデルも公開。また、上記以外にも、2019年2月に発売するグランドツーリングタイヤ「BluEarth-GT AE51」も展示される。

そして、市販タイヤにも活用される技術の開発のため取り組んでいる「モータースポーツ活動」としては、同社がワンメイクサプライヤーを務めるアジア最高峰のフォーミュラレース「全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ」に2019年から導入される新型車両SF19と、2019年に「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦する「KONDO Racing Team」のマシンを展示。また、レースやラリーなどに参戦しているドライバーや監督など多彩なゲストによるトークショーも開催する予定だ。
そして、ホイールブースでは、「ADVAN Racing」ブランドをメインに、初披露となる新商品を数多く出品。鍛造モデルでは2018年10月に米国の「SEMAショー」で発表した「ADVAN Racing R6」、鋳造モデルではフラッグシップモデル「ADVAN Racing RSII」の新モデルとなる「ADVAN Racing RSⅢ」を装着車両とともに出品する。

横浜ゴム https://www.y-yokohama.com/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧