ポルシェ911カレラS vs ポルシェ911カレラ4GTS、タイヤの磨耗でテスト結果が!?【清水和夫のDST】#71-3

2018/12/20 11:50

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number 71:ポルシェのターボvs自然吸気論争に終止符

ポルシェ911カレラS(後期991Ⅱ)vs ポルシェ911カレラ4GTS(991型)
TEST 02:ウェット旋回ブレーキテスト

テストの「方法」と「狙い」

ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

 

タイヤコンデション

ポルシェ911カレラ4GTS

911カレラ4GTSが装着していたタイヤはピレリPゼロ。サイズはフロントが235/35ZR20、リアが305/30ZR20。溝残存率は右前90.2%/左前91.2%、右後94.5%/左後87.5%。リアの減りが左右均等ではなかった

 

ポルシェ911カレラS


銘柄は同じくピレリPゼロでサイズは20インチ。後期型はフロント右フロントが5mm、左6mmと減り方がアンバランスだった。一方、 リアはフロントと同じくらい減っていたので、アンダーステアの形跡が残っていた。

 

ル・ボラン 2016年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧