【ランボルギーニ】東京・虎ノ門でイヤー・エンド・パーティーを開催

2018年上陸モデル勢揃い

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、2018年に国内デビューを果たした「ウルス」「ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー」「アヴェンタドールSVJ」の3モデルとともに1年を締めくくるイベント、「Lamborghini Year-End Party」をさる12月12日(水)に東京港区虎ノ門の「THE CORE KITCHEN/SPACE」で開催。

このイベントには世界初のスーパーSUV「ウルス」とウラカンで開発された技術とコンバーチブルの高揚感をひとつにした「ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー」、さらにニュルブルクリンク北コース市販車最速となる6分44秒97というタイムを打ち立て、11月の「Lamborghini Day Japan 2018」にてアジアパシフィックで初披露された「アヴェンタドールSVJ」のフルラインアップが展示され、2018年のランボルギーニを華やかに締めくくった。

イタリアカラーで華麗なランボルギーニの世界観に演出された、話題のニュースポット「THE CORE KITCHEN/SPACE」には、シーズンを彩る“ランボルギーニ・オリジナルクリスマスツリー”が飾られ、ランボルギーニのオーナーやビジネスパートナー、メディアなどの300名を超える参加者で賑わった。パーティーではアウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパン主催のダーツグランプリや一夜限りの躍動感あふれるジャズライブが行われるなど、スペシャルなイベントになった模様。

同社カントリー・マネージャー のフランチェスコ・クレシ氏は、「ランボルギーニにとって日本は重要なマーケットであり、日本のお客様にご愛顧いただき強い絆を築いていただきましたことを心より感謝申し上げます。2018年ウルスを日本市場に導入したことにより、今まで以 上の成功を収めてきました。2019年もより幅広い層の方々にランボルギーニを親しんでもらえるよう、新たなニュースを発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします」とコメント。2019年もライフスタイルカンパニーとして、「Informal Luxury (インフォーマルなラグジュアリー)」「Future Shapers (未来を形に)」「 Designers of Experiences (エクスペリエンスをデザイン)」という3つのランボルギーニの世界観を提供していくとのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧