「アウディA4オールロードクワトロ」に存在感溢れる限定車が

H.Tanaka
AUTHOR
2018/12/14 10:00

標準の安全&快適装備も充実

アウディ ジャパンは、ワゴンのアバントをベースとしたクロスオーバーモデル「アウディA4オールロードクワトロ」の限定モデル、「アブソリュート」 を12月12日に発売した。販売台数は125台で、消費税込みの車両本体価格は759万円。

アウディA4オールロードクワトロは、初代が日本で2010年に発売されて以来オールラウンドなキャラクターを備えたプレミアムクロスオーバーとして市場で独自のポジションを築き上げてきた。

2016年に登場した2世代目は、そのユニークなコンセプトを継承しつつデザインとメカニズムを刷新。従来から定評のあった走行性能、安全性、快適性、ユーティリティなどに加え、燃費効率やインフォテイメント、コネクティビィティといった分野でも大きく進化を遂げている。

今回の限定モデルは、専用エクステリアをはじめ「絶対的な(アブソリュート)」というネーミングに相応しい存在感がセールスポイント。

ボディカラーは、専用色の「クワンタムグレー」にコントラストペイントの「マンハッタングレーメタリック」という精悍な組み合わせ。足元には、グロスブラックの10Yスポークデザイン19インチアルミホイール(アウディスポーツ製)を装着した。一方、インテリアには「デコラティブパネルアルミニウムトリマラン」を配しスポーティかつ上質な雰囲気を演出している。

装備面では、カメラで前走車や対向車を検知し刻々と変わる道路状況に合わせて配光を変える「マトリクスLEDヘッドライト」やLEDリアコンビネーションライト、ヘッドライトウォッシャーを搭載。

加えて黒を基調としたパーシャルレザーをはじめ、マルチカラーアンビエントライティング、さらに高精細液晶のメーターパネルに地図をはじめさまざまな情報を表示できる「バーチャルコックピット」も装備。シートにはメモリー機能のほか、シートヒーター(フロント/リア)も備えられる。

安全運転支援システムには、アシスタンスパッケージを装備。アダプティブクルーズコントロールをはじめ、後方から接近車両があることを知らせる「アウディサイドアシスト」や、リアバンパーに内蔵したレーダーセンサーで後方から接近する車両を検知し、追突の際の衝撃を低減する「アウディプレセンスリヤ」を追加したほか、パークアシストやサラウンドビューカメラなども備わっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!