BMW 740i vs メルセデス・ベンツ S300h、両車とも「さすが」の見事なブレーキ性能とライントレース【清水和夫のDST】#70-3

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number 70:その似て非なる味付けの違いが露わになった!

BMW 740i vs メルセデス・ベンツ S300h
TEST 02:ウェット旋回ブレーキテスト

テストの「方法」と「狙い」

ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

 

タイヤコンデション

メルセデス・ベンツ S300h

S300hの標準タイヤサイズは前後とも245/50R18 。テスト車はオプションのAMGラインで前245/45R19(溝残存率:右前86.4%/左前99.9%)、後275/40R19(溝残存率:右後87.9%/左後99.6%)のBS製ポテンザS001を装着していた。

 

BMW 740i


前後225/60R17が740iの標準タイヤサイズ。テスト車はオプションの20インチホイールを装着。タイヤはBSポテンザS001で、前245/40R20(溝残存率:右前80.9%/左前79.3%)、後275/35R20(溝残存率:右後72.1%/左後71.0%)。

 

ル・ボラン 2016年7月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧