「ニスモ・ヘリテージパーツ」がR33/R34型「スカイラインGT-R」にも対応

H.Tanaka
AUTHOR
2018/12/05 15:00

R32型のパーツラインナップも充実

日産自動車とニスモ、およびオーテックジャパンは、スカイラインGT-R用「ニスモ・ヘリテージパーツ」をR32型に加え、R33型、R34型にも拡大。11月29日より発売を開始した。

ニスモ・ヘリテージパーツは、日産自動車、ニスモ、オーテックジャパンの3社が、サプライヤーと共同で製造廃止になった純正補修部品を再供給するもので、ユーザーが日産のパフォーマンスカーを少しでも長く乗り続けられるよう、可能な範囲でサポートする「ニスモ・ヘリテージ」活動の一環として行なっている。

2017年12月にはこの活動の第1弾として、R32型(1989年8月~1995年1月販売)スカイラインGT-R用「ニスモ・ヘリテージパーツ」の発売を開始。GT-Rユーザーから大きな反響を呼ぶとともに、さらなる拡大の要望が集まった。

 

それに応えるべく、今回は第2弾としてR33型(1995年1月~1999年1月販売)およびR34型(1999年1月~2002年8月販売)スカイラインGT-Rまでヘリテージパーツのラインナップを拡大。まずは外装部品、ホース/チューブなどの部品から発売を開始することとなった。

また、R32型スカイラインGT-R向けには、これまでの走行や車検に必要不可欠な重要部品に加えウェザーストリップやバンパーレインフォースなど、ユーザーが長く安心して乗り続けていくための部品を追加している。

設定部品数は、第1弾、第2弾合わせて約160部品と倍増。国内自動車メーカーの活動としては最大規模となっているが、日産では今後もR32、R33、R34型スカイラインGT-Rの再供給アイテムの一層の拡大を推進していくとしている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる