ランボルギーニ【アヴェンタドールSVJ】をアジア・パシフィックで初公開

萩原充
AUTHOR

ニュル最速モデルを公開

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは去る11月21日(水)、神奈川県横浜市の映画撮影スタジオ「横浜スーパーファクトリー」を会場に、「Lamborghini Day Japan 2018(ランボルギーニ・デイ・ジャパン2018)」を開催。200台以上の新旧ランボルギーニを集めたメインイベントに先立ち、同社CEOのステファノ・ドメニカリ氏ほかジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使が出席したプレスカンファレンスにおいて、「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」をアジア・パシフィック地域で初公開した。

最新モデルのウルスやウラカン・ペルフォマンテのほか、特別にレストアされた「エスパーダ」や「イスレロ」が展示された会場スタジオでアンベールとなった「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」は8月の米ペブルビーチで世界初公開され、独ニュルブルクリンクの市販量産モデル最速となる6分44秒97を記録したスーパースポーツカーである。

このSVJの「SV」はスーパーヴェローチェ(超高速)を意味し、続く「J」=Jota(イオタ)はかつてのレーシング・プロト車両へのオマージュであり、サーキットでの優れたパフォーマンスを表現するものである。

ミッドシップに搭載される、チタン吸気バルブ等を採用した新開発6.5リッターV12ユニットは、最高出力770psと最大トルク720Nmを発揮。モノコックをはじめエクステリアにカーボンファイバー素材を拡大採用した軽量化技術によって、車重はわずか1525kg(パワーウェイトレシオ1.98kg/hp)。0-100km/h加速2.8秒で最高速度は350km/h超とのこと。

また、エクステリアに装着された大型のフロントスプリッターやリアウイングは、同社の特許技術であるアクティブ・エアロダイナミクス・システム「ALA」として機能し、空気の流れをコントロールすることで乱気流を抑制して高いダウンフォースを得るとともに、高速コーナリング時には左右ALAのオン/オフを制御し、内側ホイールのダウンフォースとトラクションを高めるエアロベクタリングが可能となる。

プレゼンテーションに登壇したステファノ・ドメニカリCEOは、「日本は非常に重要な市場です。このようなマーケティングと強い結びつきを築いてきた日本のお客様に長期にわたってご愛顧をいただき、ありがとうございました。われわれはここでお客様にご愛顧を深めており、より多くの視聴者をブランドに導く新しいスーパーSUVウルスの日本市場導入により、マーケティングの強みを構築することを楽しみにしています」とコメント。

また、新しいニッチとして市場を確立する狙いの一方で、ウルス以外のSUVをリリースする計画はないとのこと。生産キャパシティをいたずらに拡張することなく、新規ユーザーをファミリーに迎え入れて長くランボルギーニを愛して欲しいとも語った。

そして同日の夕方からは横浜赤レンガ倉庫や山下公園などを中心に、ミウラやカウンタックをはじめ現行ランボルギーニのオーナーによるパレードが行われ、夜の横浜で独特なエキゾーストノートを奏でていたようだ。なお、ランボルギーニ・オーナーを招待したパーティーでは、今年の大阪、北海道などで発生した自然災害の犠牲者のために、チャリティーオークションも開催。オークションの収入はすべて日本赤十字社に寄付されるとのこと。

 

 

フォト:萩原 充(カーズミートウェブ)/アウトモビリ・ランボルギーニ

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる