【イベントリポート】伝説的「ポルシェ935」のオマージュがデビュー

AUTHOR
2018/11/23 11:30

4年ぶりの開催となったポルシェレーシングスポーツの祭典、レンシュポルト・リユニオンでは、今年で創業70 周年を迎えたポルシェらしいサプライズが用意されていた。その名もズバリ「ポルシェ935」。輝かしい戦績を残した名を持つ、この特別なモデルの正体とは?

往年のマシンを彩る数々のディテールも追加

9月最終週のアメリカはラグナセカにて、通算6回目となるポルシェレーシングスポーツの祭典、レンシュポルト・リユニオンが開催された。今回も沢山の、本当に沢山の見どころがあったこのイベント。まずオープニングデーを熱狂的に盛り上げたのが、サプライズとして発表された、その名もポルシェ935だ。

当時のモビーディックそのものではないが、発表の場となったリユニオン会場のラグナセカには、モチーフとなった元祖935も当然ながら「出席」している。

改めての説明は不要だろう。そのモチーフとされたのは“モビーディック”の愛称で呼ばれる伝説のレーシングマシンであるポルシェ935/78である。外板の多くをCFRP製とした全長実に4.87mのボディの流れるように美しいフォルム、長く後方に伸ばされたリアエンドの造形、そしてディッシュタイプのホイールは、ひと目で解るアイコン。さらに、リアウイングのエンドプレートに付けられたLEDリアライトは919ハイブリッドから、サイドミラーは最新の911RSRから、テールパイプは1968年の908からといった具合に、往年のマシンを彩ったディテールが、外観のあちこちに忍ばせてある。

ベースは現行911GT2RSだが、エクステリアはモチーフとなった935/78のロングノーズ&ロングテールテイストを再現。

コクピットも同様。ウッドのシフトノブは917や909ベルグスパイダー、市販車カレラGTからの引用だし、カーボン製ステアリングホイールや、データロガーであるコスワースICDは2019年モデルの911 GT3Rに採用されるものと同じだったりと、やはりコンペティションの匂いが散りばめてある。なお、助手席はオプションで装着できる。

全長は4865mm、全幅は2034mmだ。

これだけ自由な造形ができたのは、実はこの新生935が公道走行を前提としていないモデルだから。販売される限定77台は「クラブスポーツイベントやサーキットでのプライベートトレーニング用」と謳われているが、実際にはほとんどがコレクターのガレージに収まることになるはずだ。

ロード版の911に対しリアアクスルは310mmワイド化され、ブレーキはフロントが6ポッド、リア4ポッドのキャリパーにそれぞれ380mmと355mm径のスチールディスクを組み合わせる。

もちろん、実際に走らせても構わない。ベースは911 GT2 RS。最高出力700psの3.8リッター・ツインターボエンジンに7速PDKを組み合わせたパワートレインなどは踏襲しているが、サスペンションは3ウェイのレーシングダンパーが標準となり、エアジャッキも標準装備。そのスペックにも当然ながら不足はない。

車重は1380kgで、PSMなどの車両安定装置も完備。

参考までに価格は税抜き70万1948ユーロで、デリバリー開始は来年6月を予定している。ただし、これもご想像の通り、車両はすでにソールドアウトしているとのことである。

 

フォト:ポルシェ・ジャパン/ル・ボラン 2018年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる