ランボルギーニがSUV、「ウルス」でのワンメイクレースを計画!

2020年に実戦デビューのレーシングコンセプトを発表

ランボルギー二は11月17〜18日にイタリア・ヴァレルンガサーキットで行なわれたスーパートロフェオのワールドファイナルにおいて、ウルスをベースとしたワンメイクレース用マシン「ウルスST-Xコンセプト」を発表した。

同社のモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが開発を担当するこのコンセプトは、サーキットトラックとオフロードコースを組み合わせた新しい形のワンメイクレース用に仕立てられるもので、カーボンボンネットをはじめとする軽量化を実施することにより、車重は市販モデルより25%軽い。

650ps/850Nmを引き出す4リッターV型8気筒ツインターボのスペックは市販モデルと変わらないものの、レーシング仕様に最適化を実施。さらに専用デザインのリアウイングや、サイド出しの六角形エキゾーストフィニッシャー、ピレリ製21インチタイヤを組み合わせるシングルナット式アルミ合金ホイールなどが採用され、レーシング仕様であることを主張する。

このマシンによるワンメイクレースは2020年に欧州および中東で特別に準備されたFIA認可のサーキットからスタートする予定で、スチール製ロールケージや消化器といったFIAが承認する安全装備が採用される。

なお、このマシンのトラックデビューは、来年のワールドファイナルの場になる予定だ。

おすすめ記事一覧