トヨタの新型「カローラ・セダン」が中国でワールドプレミア

AUTHOR
2018/11/20 19:00

日本発売はワゴンとともに2019年内を予定

トヨタは11月16日に中国で開幕した広州国際モーターショーにおいて、新型カローラ・シリーズのセダンを初公開した。

新型カローラ・セダンは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の考え方をもとに、新世代の「GA-C」プラットフォームをベースに開発。国や地域のカスタマーの特性に応じて、アクティブさを強調したスポーティモデル(北米/中国「レビン」、日本など)に加えて、堂々とした上級感を表現したプレステージモデル(中国「カローラ」/欧州など)が設定された。

新型カローラは、2019年春に米国および欧州で販売が開始された後、2019年の年央以降に発売する中国など、世界150以上の国や地域で順次発売される。なお、日本ではスポーティモデルをベースに、ユーザーや道路環境に合わせて最適化を図った専用仕様のセダンおよびワゴンが2019年内に発売される見通しだ。

新型はプラットフォームの刷新により、上質な走り、乗り心地、静粛性、安全性能などが大きく向上。さまざまな国・地域のカスタマーに対応するグローバルカーとして、世界5大陸で延べ100万kmの走行試験を実施し、「走る喜び」をより感じていただけるクルマに仕上げたと、トヨタはアピールする。

エクステリアは「シューティング・ロバスト」(骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン)をコンセプトとし、TNGAプラットフォームの採用により、現行型より全高を低く、トレッドを広げることで、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを実現。

インテリアは「センシュアス・ミニマリズム」(シンプルでありながら感性に響くデザイン)がコンセプト。薄型のインパネによる心地よい開放感のある空間と、センタークラスターなど集約された機能部品とのコントラストにより、上質なデザインが追求されている。

広州モーターショーで展示された新型(中国仕様)のボディサイズは、全長4640×全幅1780×全高1435mm、ホイールベースは2700mmで、中国仕様の従来型カローラとの比較では全長で10mm、全幅が5mmプラスされた一方で、全高は45mm低くなった。ホイールベースは変更されていない。

パワートレインは、2リッター・ダイナミック・フォース・エンジンやダイレクト・シフト-CVT、6速MTといった新世代ユニットを採用。さらに最新のハイブリッド技術を搭載したモデルを90以上の国・地域に導入し、電動車両をグローバルに普及させる。一方、先進安全装備も国・地域に応じて最新の「トヨタ・セーフティセンス」の設定を拡充し、より安全なクルマの普及を促進する。

おすすめ記事一覧