【シェフラーシンポジウム2018】自動車メーカー注目の最先端技術を公開

萩原充
AUTHOR
2018/11/17 10:00

近未来モビリティへの提案

欧州を代表する自動車産業および産業機械のグローバルサプライヤーである、SHAEFFLER(シェフラー)が、これまで40年に渡って4年に一度開催してきた、同グループの革新的な技術を発表する「シェフラーシンポジウム2018」をドイツ・バーデンバーデンから北米を経て、去る10月31日(水)、11月1日(木)の2日間に東京港区の虎ノ門ヒルズで開催された。

その初日には、大ホール会場に約400社を超える招待企業担当者を集めた基調講演が行われ、シェフラージャパン代表取締役の四元伸三氏が登壇。日本では2度目の開催となる同シンポジウム参加への感謝を述べるとともに、第二次大戦後に金属加工を禁じられたドイツで、街の復興のために木製トロッコの製作に着手した、創業者シェフラー兄弟のエピソードから、代表的な製品であるニードルベアリングが産業の発展に大きく貢献したこと、そしてフォルクスワーゲンほか自動車の小型化、トランスミッションの自動化が進むにつれ、重要度が増してきた自動車メーカーのエンジニアとの意見交換の場が、このシンポジウムの始まりとなったと述べた。

続いて、シェフラーAGの研究開発およびオートモーティブ&インダストリアルのUwe Wargner(ウヴェ・ワーグナー)副社長は、全世界の都市部の人口増加に伴う交通渋滞や駐車スペース不足、高齢化社会といった問題解決にとって、コネクティビティへの期待は大きいとコメント。そこでラストマイルを担う電動ウルトラライトモービルや宅配用と乗用を兼ねたロボタクシーといったアイデアでゲームチェンジャーになるといったビジョンを示した。ちなみに今回はインホイールモータ駆動で前後左右に移動可能な「シェフラー・ムーバー」を展示していた。

 

これは、4輪それぞれがインホイールモータで駆動するとともに、アッパーマウント部分に電気モータを内蔵することで、ステアリングシステムを持たずに前後左右自在に転舵。もちろん完全自動運転を前提にする小型モビリティで、上部のユニットを組み替えることで物流倉庫での作業から無人タクシーに使うというコンセプトを示した。

そして、Matthias Zink(マティアス・ジンク)オートモーティブ部門CEOによるプレゼンテーションによれば、シェフラーグループが得意とするシミュレーションでは、地球温暖化と海面温度上昇の抑止については、EUが定めた自動車の排出ガス低減施策によるプランと実態とは30%程度の乖離があり、日本も欧州もドライブラインの改善はあるが実態がいまひとつ伴っていない。

よって、さらなる省燃費、低排出ガス化をに貢献できる、電動パワートレイン関連やP2ハイブリッド技術(エンジン/トランスミッション/Eモビリティ)への注力や従来技術を洗練させて次世代小型モビリティへの技術供給を行うと述べた。

電動アクスルではモータ内に張り巡らされたコイルの巻き方などがシェフラーのパテント技術とのこと。

FIA国際格式のEVレースに参戦するフォーミュラE アウディチームに供給しているパワーコントロールユニット。シェフラーは市販EVモデルとなるアウディe-Tronにも電動関連パーツの納入をスタートしているとのこと。

会場内にはすでに投入された技術から現在開発中の製品まで、機構が理解できるカットモデルがドイツ本社から移送され、それぞれのカテゴリーで展示され技術プレゼンテーションが行われていた。

SHAEFFLER(シェフラー)とは、世界50カ国/170拠点に約9万2000名の社員を擁し、産業機械用ベアリングおよび自動車のエンジン用高精密部品とシステム、シャシー関連部品を供給するグローバルサプライヤー。1946年にシェフラー兄弟が設立したINAがLuK、FAGを吸収合併し、2003年から3ブランドを統合したグループ企業として全世界に展開。

シェフラージャパン https://www.schaeffler.co.jp/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる