ラグジャリーボートとコラボした「アバルト695」が発売

AUTHOR

アバルト史上最上の洗練を追求

11月9日、FCAジャパンはラグジャリーボートメーカー「リーヴァ」とのコラボレーションによって製作された「アバルト695」の限定車「アバルト695リヴァーレ/695Cリヴァーレ」を、150台限定で発売した。消費税込みの車両本体価格は、695リヴァーレが405万円(限定85台)、695Cリヴァーレが422万円(限定65台)である。

リーヴァ社はイタリアの老舗として世界的にも著名なボートブランド。高性能ボートの草分け的存在で、さまざまなボート競技にも情熱を注ぎ、レースや速度記録で数々の金字塔を打ち立ててきた実績を持つ。その勝利にかける情熱や数々の栄光の歴史、そして革新的なボート作りを極める飽くなき探究心がアバルトの根底に流れるチャレンジスピリットと通じるものがあり、今回のコラボレーションに至った。

ベースモデルの695/695Cは、180ps/230(スポーツスイッチ使用時は250)Nmを発揮する1.4リッターの直列4気筒ターボエンジンと、ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションを搭載する上級モデルだ。

この限定車は、リーヴァ社の最新鋭である56フィート・フライブリッジボート「リヴァーレ」からインスピレーションを得てデザインされた内外装が特徴で、ボディカラーはブルーとグレーの専用2トーンを採用。アクアマリンのアクセントラインがあしらわれ、特別なモデルが表現された。

さらに、17インチの専用ホイールやカーボン仕上げのアクラポビッチ製ハイパフォーマンスエキゾーストシステム、ボディのサイド&リアに装着された「695 RIVALE」エンブレム、随所にあしらわれたクロームパーツによって、ラグジャリーな雰囲気が一層高められている。

ブラックを基調とするインテリアには、ブルーのレザーシートやメーターフード、ステアリングホイールが組み合わされるほか、マホガニーのデコレーションパネルを採用。ラグジャリーボートをイメージさせる上質で洗練された空間に仕上げられている。

単なるステイタスシンボルとしてだけでなく、性能面でもシリーズ最高のレベルを追求したラグジャリーボート「リヴァーレ」のスピリットを共有し、アバルト史上最上の洗練が追求されている1台だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる