マツダが「CX-5」をアップデート

AUTHOR
2018/10/12 20:00

「スカイアクティブG 2.5T」エンジンを国内初導入

10月11日、マツダは改良を受けた新型「CX-5」の予約受注を同日より開始し、11月22日より発売すると発表した。消費税込みの車両本体価格は257万400円〜388万2600円である。さらに新型の登場を機に、最上級グレードとして特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」が用意された。

新型では、新たに「スカイアクティブG 2.5T」搭載車を国内で初採用。このエンジンは2.5リッター直列4気筒ガソリンターボで、230ps/420Nmを発揮する。これによりガソリンエンジンは、従来の「スカイアクティブG 2.0」と「スカイアクティブG 2.5」を加えた3機種から選べるようになった。

なお、ディーゼルの「スカイアクティブD 2.2」も引き続きラインナップされているが、6速MTの「スカイアクティブ-MT」搭載車が新たに設定された。

新たに「Gベクタリング コントロール プラス(GVCプラス)」を全車に標準装備されたのも新型の特徴だ。これは高速域や緊急操作時でもより安定した車両挙動を実現し、意図しない急な動きを抑制して、乗員の不安感を軽減するものだ。

安全性や利便性の面では、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートに夜間歩行者検知機能が追加されたことに加えて、360°ビュー・モニターを特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」に標準設定、全機種にメーカーオプションで設定された。コネクティビティシステムの「マツダ コネクト」がApple CarPlayやAndroid Autoに対応したのは、マツダとして国内初採用である。

内外装では、17インチアルミホイールの塗装がダークシルバーからグレーメタリックに変更されたほか、エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイヤルのデザイン一新により質感と操作性が向上。さらにノーマルスピーカー車のAピラートリム表面素材が樹脂からファブリックに変わった。なお、ノーマルスピーカー車はAピラー根元にツイーターが追加され、スピーカー数が従来の4個から6個に増えている。

特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」は、「スカイアクティブG 2.5T」および「スカイアクティブD 2.2」の、2種類のパワーユニットから選択可能。ワンランク上の質感を感じさせる上質な室内空間が演出されており、ナッパレザーシートや本杢加飾といったこだわりの素材を採用しているのが特徴だ。そのほか、専用の高輝度ダーク塗装を施した19インチアルミホイールやフレームレスインナーミラー、前席シートベーンチレーション、白色LED室内照明、前後席フットランプなどが装備されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる