旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「積丹半島道路(北海道)」

2018/10/12 07:00

積丹半島道路(No.013)
果てしなく広がる原生林の大樹海を一望にする。

積丹半島の海岸線をぐるっと一周する国道229号。このシーサイドの道には、町や村ごとに「セタカムイライン」「カブトライン」「追分ソーランライン」といった異なる愛称が付けられている。どこを走っても気持ちのいい道だが、特にお勧めしたいのは半島の先端部、道道913号を経由する積丹岬から神威岬にかけての区間だ。このあたりにはさまざまな伝説をもつ奇岩が道路脇にそそり立ち、目の前には「積丹ブルー」と呼ばれる真っ青な美しい海が広がる。

日本海に細長く突き出た神威岬。展望台の先にも遊歩道があり、灯台のところまで歩いて行ける。

 

ご当地情報

★メインカット撮影ポイント

◎正式名称/国道229号
◎区間距離/92km(余市町-岩内町)
◎冬季閉鎖/なし
◎撮影時期/7月上旬

アクセスガイド
積丹半島の付け根に位置する余市町までは、札幌の中心部から60km弱。札樽道を使えば1時間ちょっとでアクセスできる。一方、南の函館からだと道央道や国道5号などを走りつないで岩内町まで約170kmの道のり。

観光情報
積丹町観光せんたぁ Tel:0135-44-3715

 

文:佐々木 節/写真:平島 格

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧