旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「平戸島・川内峠/サンセットウェイ/県道18号・ 九十九島(長崎県)」

2018/06/27 07:00

平戸島・川内峠(No.086)
海と草原の織りなす日本離れした風景を駆け抜ける。

幅500mほどの狭い海峡をはさんで、九州本土と向き合う平戸島。周囲約200km、日本で20番目に大きなこの島の北部には、標高500m前後のなだらかな山が連なっている。この小高い起伏を東西にゆったりと越えていくのが川内峠である。

平戸の町外れから西に向かって伸びる峠道の全長はおよそ6.5km。最高地点も267mと低いので、ただ走り抜けるだけなら15分もかからない。実に可愛らしい峠道なのだ。

平戸島と九州本土をつなぐ平戸大橋。鮮やかな朱色に塗られた全長665mの大きな吊り橋で、生月大橋より一足早く、平成22年(2010年)から無料開放されている。

ただし峠からの眺望は息を呑むほどすばらしい。常緑樹がトンネルのように生い茂る山麓を抜けると、目の前に草原が広がり、眼下には美しい入り江と島々が見えてくる。峠の手前で右手に広がるのは玄界灘(日本海)、ピークを越えると正面に姿を現すのが五島灘(東シナ海)。峠のサイズのわりに、眺めのスケールはかなりでかい!

海辺の草原という日本離れした風景を眺めながら、どこかで見たことあると考えていたのだが、ふと思い当たったのは信州のビーナスラインだった。草原のうねり具合といい、道の絶妙な曲がり具合といい、車山肩から霧ヶ峰あたりの風景とよく似ている。

川内峠に足りないものといえば、草原の向こうにそびえ立つアルプスや乗鞍の姿。しかし、その代わりここでは、空気の澄みわたった日には、大海原の彼方に対馬や五島列島の島影がくっきり浮かび上がるという。

◎正式名称/平戸市道・県道19号
◎区間距離/14km(平戸-生月大橋)
◎冬季閉鎖/なし
◎撮影時期/10月下旬

 

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧