アルファ・ロメオの名車、“ディスコ・ヴォランテ”が京都に

H.Tanaka
AUTHOR

「コンコルソデレガンツァ京都2018」のゲストカー

FCAヘリテージ部門とアルファ・ロメオは、2018年3月30日(金)から4月2日(月)にかけて京都の二条城に開催される『コンコルソ・デレガンツァ京都 2018』に、“ディスコ・ヴォランテ(空飛ぶ円盤)”として知られる「1900C52クーペ」、ならびに新型「ジュリア・クアドリフォリオ」という往年の名車と最新モデルを出展。世界最高峰のクラシックカーが集結する同イベントをサポートする。

17世紀のユネスコ世界文化遺産である京都の二条城では、3月30日(金)から4月2日(月)にかけて、世界最高峰の芸術的クラシックカーが一堂に集う『コンコルソ・デレガンツァ京都2018』が開催される。このイベントは、アーティストの木村英智氏によるイニシアチブで2016年に初開催、大きな成功を収めた。

FCAグループのイタリアンブランドに関する歴史を保護、促進する目的で創設されたFCAヘリテージ部門、ならびにアルファ・ロメオも2回目の開催となる同イベントに参加。FCAヘリテージ部門からは、歴史的名車である「1900C52クーぺ」が出展される。「1900C52クーぺ」は、「タイムマシン」という異名を持つアルファロメオ歴史博物館に保管され、目にできる機会の非常に少ない名車中の名車である。

そのフォルムから“ディスコ・ヴォランテ(空飛ぶ円盤)”として知られる「1900C52クーペ」は、カロッツェリア・トゥーリングをテーマとした特別企画のゲストカーとして展示される。また、アルファ・ロメオの新しいパラダイムを具現し、感情に訴える性能と独創性を誇る新型ジュリア・クアドリフォリオも出展。同ブランドの偉大な過去と輝かしい未来をリンクする不変性の象徴として2台が並ぶこととなる。

アルファロメオ1900C52 クーペ “ディスコ・ヴォランテ”

1900C52は、1900スプリントをベースにジョアッキーノ・コロンボによって設計され、1952年から 1953年にかけて製造された。モノコック構造のシャシーを持つ通常の量産車とは異なり、1900C52クーペは鋼管を組んだトレリス構造のシャシーをベースにしていた。排気量1,997㏄のDOHCエンジンは当時新設計されたもので、軽合金のクランクケース、シリンダーヘッド、ダブルカムシャフト、シングルインジェクターが採用された。この卓越した名車は、最高出力158hp、最高速220km/hを誇った。

“ディスコ・ヴォランテ”の由来となったボディは、トゥーリング社によってデザイン。空力研究の成果と航空機の世界から得たインスピレーションを取り入れるという、おもにアメリカを中心に流行していたトレンドを織り込んだものだった。ホイール上に突出した独特の翼が低い重心の流線型フォルムとシームレスに一体化するボディは、その愛称にふさわしく宇宙船を想起させている。さらに、1900C52はクーペが1台、スパイダーが1台、スパイダーの翼を短くし、全幅をスリム化した「fianchi stretti」バージョンが1台、スパイダーに6C3000の機構を搭載したモデルが2台の、合計5台のみが製造された。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧