【新車試乗記】絶妙のキャラ設定!アウディ新型「S4」の走りとは?

2017/04/29 16:50

アウディの新型「A4」が日本に導入されてはや1年。街で目にする機会もずいぶん増えてきたように思うが、コイツの登場を待ちわびていた方も多いのではないだろうか。それが今年に入ってから本格的にデリバリーが始まった、高性能仕様の「S4」だ。

 

カタチ以上に中身が変わった

 

メルセデス・ベンツやBMWにも「AMG」や「M」という尖ったスポーツ仕様があるけれど、アウディが上手いのは「S」モデルにそこまでハードコアなチューニングを施していないところ。スペックを見れば明らかだが、メルセデスAMG C63は4.0リッターV8ツインターボで476ps。BMW M3セダンは3.0リッター直6ツインターボで431psだ。一方、アウディS4は3.0リッターV6シングルターボで354ps。価格もそれぞれ1219万円、1132万円なのに対し、こちらは839万円とずいぶん身近(?)な設定になっている。

 

もちろんアウディにもAMGやMにガチでぶつかる「RS」なるさらにスパルタンなモデルがあるけれど、高性能と日常性のバランスでいえばこのS4に軍配が上がるのは間違いない。それでいて「人とはちょっと違うものに乗っている」満足度は同等に得られるのだから、やはりアウディはマーケティングが上手い。

 

new audi s4 2017 (8)

 

さて、そんな新型S4だが、外観が思いのほかキープコンセプトであるのに対して結構メカニズムの変更点は多い。まずエンジンが変わった。先代B8型は3.0リッターV6スーパーチャージャーだったが、現行B9型は排気量はそのままに過給器をターボに変更。さらに吸気バルブを早閉じしてエネルギー効率を高めるミラーサイクル(アウディは「Bサイクル」と呼ぶ)を採用、出力と燃費の向上を実現している(+21ps/60Nm)。またシリンダーヘッドをアルミ化することなどにより、エンジン単体では14Kgの軽量化を達成した。

 

さらにトランスミッションがデュアルクラッチの2ペダルMT、7速DCTからトルクコンバーター式の8速ATに変わった。アウディが先鞭を付けた低燃費と電光石火のレスポンス、さらにダイレクト感までを兼ね備えるDCTだが、このあたりは高額車だけにどちらかといえば変速時のスムーズさ、快適さをより重視する市場からの声が多かったのだろう。DCTも以前に比べれば変速は十分滑らかになっているが、ATに比べるとまだスタート時に一瞬もたついたり、変速時にギクシャクするようなことがある。

 

そしてイマドキな安全装備の充実も見逃せない。自動緊急ブレーキや前車との車間距離を自動的に調節してくれるアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストはもちろん、65km/h以下ではシステムがステアリング操作にも介入、半自動運転を実現するトラフィックジャムアシストまでを搭載している。つまりホットなドライビングから帰り道のクールダウンまで、S4の特徴である「万能さ」により磨きがかかっているというわけだ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!