日本車としては3番目の快挙! スバル360が2016年度「機械遺産」に認定

AUTHOR
2016/08/09 21:32

アロー号、たま電気自動車に続く

 

 8月8日、富士重工業は同社が保存・展示している「スバル360-K111型」が一般社団法人日本機械学会により2016年度「機械遺産」に認定され、8月7日に東京大学弥生講堂一条ホールにて開催された「機械の日・機械週間」記念行事にて認定表彰式が行なわれたことを発表した。

 

0809_subaru36002

 

 「機械遺産」とは、歴史に残る機械技術遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内に現存する機械技術面で歴史的意義のある遺産を同学会が認定するもの。2007年より継続的に実施され、今回のスバル360を含めて83件が認定されている。

 

 スバル360-K111型は、歴代のスバル車を代表する1台として、富士重工業の群馬製作所矢島工場にある工場見学施設スバルビジターセンターに展示中。もちろん、一般見学者でも見ることができるが、事前予約制なので、ご覧になりたい方はあらかじめ電話予約をお忘れなく。

 

富士重工業株式会社 群馬製作所 スバルビジターセンター

住所:群馬県太田市庄屋町1-1

電話番号:0276-48-3101

問い合わせ受付時間:平日(月〜金、開館日カレンダーに準ずる)8:30〜17:00

ウェブサイト:http://www.fhi.co.jp/plant/

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧