日系メーカー初! 日産が新型セレナに搭載する半自動運転機能「プロパイロット」の概要を発表

AUTHOR
2016/07/14 20:56

リーズナブルな価格設定にも期待

 

 7月13日、日産自動車は8月下旬発売予定の新型「ニッサン・セレナ」に、半自動運転技術の「プロパイロット」を初搭載すると発表した。プロパイロットは高速道路の単一車線での自動運転技術で、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御し、前走車の有無にかかわらず自律走行する。

 

02

 

 システムは大きく分けて2段階になっており、前走車がいれば自動的に速度を落として一定の車間距離を取りながら加減速を自動制御するのは従来のアダプティブクルーズコントロールと同じ。今回のプロパイロットは、設定可能上限速度を30km/hから100km/hとしている。加えて両側に白線のある車線を走行中の場合に、ステアリング操作まで自動で行なう制御が新機軸。白線を検出しながら、車線の中央を維持するように、プロパイロットが自律的にステアリングを操作する。

 

03

 

 車線の両側に白線がない場合や、約50km/h以下で前走車がいない場合にはステアリングの自動制御が行なわれないなど、いくつかの条件はあるものの、渋滞に遭遇した際に停止するだけでなく、停止状態を保持し、ボタンひとつで再発進するなど、実用度はかなり高そうだ。また、使われているハードウェアもほとんどが既存のものかそれに近い技術なので、まだ価格は発表されていないが、既存のセーフティデバイスに近い、現実的な範囲に収まるものと予想される。

 

 現在は単一車線のみに限定された自動運転だが、日産では2018年までに高速道路での自動車線変更までカバーした複数車線での自動運転技術を、そして2020年までに交差点を含む一般道にも対応した自動運転技術を投入する予定とのことだ。

 

より詳しい情報はこちら

http://www.nissan.co.jp

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧