【スクープ】顏つき凛々しく、プロポーションは艶やかに! メルセデス・ベンツの次期GLEが早くもテストを開始

AUTHOR
2016/07/07 22:00

オフロードの走破性にも確かな配慮が

 

 2018年とされる新型メルセデス・ベンツGLEのスクープ。地上高十分で非常にフラットなフロアや大径タイヤを収めるホイールハウス、なだらかなルーフラインなどはもう完成形に見えるので、開発は順調のようだ。もちろんまだ公開したくない「顔」や後ろ姿はしっかりパッド入りのカモフラージュが被せられているが、新型は、現行のリアボリュームの大きなファミリーSUVスタイルから、全体にすっきり絞り込まれたスポーティさが強調されたスタイリッシュなカタチになっている。初代ML以来続く独特なリアクォーターウインドーのカタチがどうなったのか? はまだカモフラージュの下だ。

 

 エンジンはメルセデスらしく、ハイエンドの4.0リッターV8にはじまり、ディーゼルからプラグインハイブリッド(PHV)まで幅広い選択肢を用意するが、モデルライン全体で最大20%もの燃費改善が図られるといわれ、ガソリンV6は新世代の3.0リッター直6シリーズに置き換えられる。トランスミッションは9速ATの9Gトロニック。当然のごとく軽量化も進み、エントリーモデルとして新たに用意された(最軽量の)後輪駆動モデルは2トンを下回る車重になる模様だ。

 

 GLEならではの伝統といえるオフロードテイストも健在のようで、うれしいことに、これほどスポーティでありながらローレンジオプションや長いホイールストロークにもこだわっている模様。サスストロークは短い方が低コストでスポーティな味付けが可能なのだが、そういう風潮に迎合しないところがメルセデスらしい。

 

 

 

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる