ホンダの新型NSXがパイクスピークでクラス優勝! 北米レースデビューを飾る

AUTHOR

EV仕様もクラス2位、総合3位の成績を挙げる

 

 6月27日、米コロラド州で開催された第100回パイクスピーク国際ヒルクライムに出場したアキュラNSXが、タイムアタック2クラスで10分28秒820のタイムでクラス優勝を果たした。

 

 パイクスピークは全長19.99kmの間に標高差1440mを駆け上る、米国ではインディ500に続く歴史を持つレース。アキュラは、軽量化などの改造が施されるタイムアタック1クラスと、安全装備の追加以外は基本的に市販状態のタイムアタック2クラスに新型NSXをエントリーさせていた。

 

2017 Acura NSX Supercar Claims Class Victory in North American R

 

 北米R&Dチームに所属し、TA2クラス優勝を果たしたNSXのドライバーを務めたニック・ロビンソン選手は、「新型NSXが市販車クラスで勝利を獲得できて本当にうれしい。何年もかけて一生懸命、開発に取り組んできた甲斐がありました」とコメントしている。

 

Acura 4-Motor EV Concept finished second in the Electric Modifie

 

 また、アキュラは電気モーター4基を搭載したEVレースカーのアキュラEVコンセプトを、エレクトリック・モディファイドクラスに投入しており、山野哲也選手がドライブしたこちらの車両は9分06秒015のタイムでクラス2位、総合3位の成績を挙げている。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧