BMW 320dが新ディーゼルエンジンを搭載! 燃費はついに20km/Lを越えた

AUTHOR
2016/05/19 20:32

同時にパワー&トルクも向上

 

 5月19日、ビー・エム・ダブリューは「BMW 320d」に新世代の2.0リッター4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載し、5月28日より販売を開始すると発表した。新エンジンは従来比で6ps(5kW)/20Nmアップの190ps(140kW)/400Nmを発生するとともに、JC08モードで約10%向上の21.4km/Lという輸入車クラストップの燃費性能を達成している。

 

 新型320dには従来モデルから引き続き、NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒などメンテナンスフリーの排出ガス処理技術「BMW BluePerformance」が採用され、世界でも最高水準のディーゼル排出ガス基準である日本のポスト新長期規制に適合。これにより、エコカー減税対象車の認定を受け、自動車取得税および重量税が100%減税、翌年度の自動車税も75%減税となる。

 

02

 

 加えて、320i SEセダン/ツーリングを除く3シリーズ全モデルに「レーン・チェンジ・ウォーニング」を標準装備化。死角になる左右後方を走行する車両や、追い越し車線から急接近してくる車両をドライバーに警告することで、安全な車線変更をサポートする。

 

 価格はセダンの320dが512万円、320d Luxuryが555万円、320d Sportが535万円、320d M Sportが557万円で、ツーリングは各22万円高の534万円/577万円/557万円/579万円。合わせて今回、3シリーズ・セダン/ツーリングの多くのモデルについて、価格改定が実施されている。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.bmw.co.jp

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧