それはクーペか、SUVか!? メルセデス・ベンツが新型GLEクーペをリリース

AUTHOR

AMGは「43」と「63」の2機種を用意

 

 4月27日、メルセデス・ベンツ日本は新型車「メルセデス・ベンツGLEクーペ」を発表し、同日より注文受付を開始した。基本的なメカニズムを共用するGLEにクーペ風ボディスタイルを与えたGLEクーペは、プレミアムブランドとしては最多を数えるメルセデスSUV6番目のモデルとなる。

 外観上でGLEと共通している部分はほとんど見つからず、クーペスタイルにふさわしいスタイリッシュなディテールでまとめられた。フロント部では低くかまえたノーズに立体的なフルLEDヘッドライトが埋め込まれおり、グリルデザインもGLEとは異なっている。リアエンドは現行Sクラス・クーペ以降の流れをくんだ、ほかのクーペモデルと共通性のあるデザインとされた。

 

Archivnummer: SSPIP45174

 

 一方、インテリアについてはGLEとほとんどが共通となっており、シート位置などが最適化されているためか、前後席とも頭上についてはほぼ同等の空間が確保されている。ラゲッジ容量についても、GLEの690〜2010リッターにはおよばないものの、650〜1720リッターと十分だ。

 

 ラインナップは3.0リッターV6直噴ディーゼルターボのGLE 350 d 4MATIC クーペおよび同スポーツ、3.0リッターV6ガソリンツインターボのAMG GLE 43 4MATIC クーペ、そして5.5リッターV8直噴ガソリンツインターボを搭載するトップパフォーマンスを誇るAMG GLE 63 S 4MATIC クーペの4モデルを用意。350 dとAMG 43には9速ATの「9Gトロニック」、AMG 63 Sには7速ATが組み合わされており、駆動系はいずれのモデルも4輪駆動となっている。

 

 諸元や装備レベルはGLEと共通で、価格は350 dが890万円、350 d スポーツが980万円、AMG 43が1200万円、そしてAMG 63 Sが1780万円。ハンドル位置はディーゼルエンジンモデルが右のみ、ガソリンエンジンモデルが左のみとなっている。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.mercedes-benz.co.jp

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧