【北京モーターショー2016】眼力アップ! レクサスが新型ISのマイナーチェンジを予告

AUTHOR

新しいヘッドライト形状が新鮮!

 

 4月19日、レクサスは4月25日から(一般公開は同29日から)開催される北京モーターショー2016での発表が予定されている新型「レクサスIS」のティーザー画像を公開した。

 

 レクサスISはミドルサイズのプレミアムスポーツセダンとしてドライビングプレジャーを追求するモデルと位置づけられており、この新型は「『L-finesse(エル-フィネス)』のデザインフィロソフィーに基づき刺激的な躍進を遂げる1台となる」とレクサスは宣言している。

 

 公開された画像では車体の左前方部分が明らかにされているのみながら、ヘッドライトから独立したL字型クリアランスランプや力強く前方に突き出したノーズといった特徴的な意匠はそのままに、完全に新しい形状のヘッドライトやその内側に穿たれたエアインテークが、新しいデザイン要素として取り入れられていることがわかる。また、エッジ部の曲率を大きくしたフロントバンパーサイド部分の処理もこのモデルで導入された造形で、実車ではどのように見えるのかが興味深い。

 

 レクサスでは「これまでの3世代は世界中で若い顧客のハートを捕らえててきました。大幅に強化された視覚的インパクトによって大胆に進化を遂げたニューモデルのデザインは、ステアリングを握ってみたいという欲望を間違いなくかき立ててくれるものと確信しています」と表明しているが、果たしてその思惑通りとなるのか。その詳細はまもなく明らかになる。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧