シリーズ1が復活!? ランドローバーが公式レストア車両を限定25台で販売

全ての画像を見る

1948年の発売当時の姿を忠実に再現

 ジャガー・ランドローバーは、4月上旬にドイツ・エッセンで開催されたクラシックカーイベント「テクノクラシカ」にて、フルレストアしたランドローバーの処女作「シリーズ1」を披露するとともに、25台を限定販売すると発表した。

 ランドローバーのシリーズ1は、1948年に発売された4輪駆動車で、同ブランドの原点。ディフェンダーの祖先といえばわかりやすいだろうか。

 今回発表されたレストア車両は、同社内のエキスパートによって構成されるクラシックチームが手組みによって製造、クラシックパーツが用いられるなど、当時の仕様が忠実に再現されている。

 レストア作業は、これまでディフェンダーを生産していた英国ソリハル工場で行なわれる。また、25台販売されるレストア車両は、ライトグリーンやブロンズグリーンなど計5色のボディカラーから選択可能となっているほか、自分好みのベース車両が選択できるという。

■関連記事

AUTHOR

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!