フェラーリ488GTBにイタリアで試乗!/後編

2015/12/11 17:03

ターボラグはゼロ。レスポンスも上々だ!

 コースはドライ。フィオラノを走るのは久しぶりだったが、あの458の後継車ならスタビリティに文句のつけようはあるまい……と、のっけから全開にする。フェラーリのいう通りターボラグはまったく感じられない。それどころか回転を上げるに従ってパワーがしっかりと嵩上げされる、とても自然吸気的なフィーリングに満ちていることがわかる。

 ただし速度の伸び方が尋常じゃない。そりゃそうだ。何せ0→100km/h加速はあの6.3リッターV12を積むF12ベルリネッタ(=3.1秒)より速いのだ。それはまるで二次曲線を描くかのようで、この速さはもう「V8フェラーリ」いう範疇を完全に越えている!

 

 サウンドは458同様にテノール系だが、回転を上げるに従ってトーンは高く、音量も盛大になり、8000rpmのトップエンドまで回せ、回せ!とドライバーをけしかけてくる。458に比べるとややくぐもってしまったようにも思うが、ターボ化の悪影響は最小限といえるだろう。

 スタビリティの高さも相変わらず、いや458の1.5倍というダウンフォースにも納得の鉄壁ぶりで、フィオラノのホームストレート後半にある、ほんの少しだけ左に折れた超高速コーナーに心臓をバクバクいわせながら240㎞/hで突っ込んで行っても、488は接地感をまったく乱さずにサラリとクリアしてみせる。ラ・フェラーリから転用されたというブレンボ製ブレーキの信頼性も高く、試乗はふたりが全開で4ラップを重ねたあとだったのだが、タレる気配は微塵もみせなかった。

副産物として快適性までもが向上

 ランチのあとは高速道路やワインディングに繰り出したが、ここではスーパースポーツとしては望外によく動くサスペンションが荒れた路面をもしっかりと捉え、正確無比だが軽めのステアリングもあり、夕暮れまで気負うことなくドライビングを楽めた。ターボ化に伴ってエンジンのダウンスピーディングが図られたせいか、全般的に巡航時の静粛性が高まり、快適性が向上していたことも疲れなかった一因だろう。

 フェラーリはスポーツ系V8モデルをターボ化するにあたり、うるさい外野すらを押し黙らせる「絶対的な速さ」、そして本当のオーナーならば確かにありがたい「快適性の向上」、この一見相反するふたつの要素を同時に実現、さらなる高みへと押し上げてきたといえそうだ。日本仕様の価格は3070万円となっている。

フェラーリ488GTB

東京標準現金価格 ¥30,700,000
全長/全幅/全高 4568/1952/1213㎜
ホイールベース 2650㎜
車両重量 1475㎏
エンジン型式/種類 F154/V8DOHC32V+ツインターボ
総排気量 3902㏄
最高出力  670ps(492kW)/8000rpm
最大トルク 760Nm(77.6㎏-m)/3000rpm
トランスミッション 7速DCT
燃費(JC08) –㎞/l
サスペンション形式 前:Wウイッシュボーン/コイル
後:マルチリンク/コイル
ブレーキ ベンチレーテッドディスク
タイヤ 前:245/35ZR20 後:305/30ZR20
問い合わせ先 フェラーリ・ジャパン www.ferrari.com/ja_jp/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!